弥栄(いやさか)!みんなのまち振興室

副理事長 阿蘇 伸也

室長 日下部 諭紀

 教育及び情報の不足に起因する若者の東京圏への流出と少子高齢化による財政バランスの不均衡が将来への不安を増長している一方で、この地域には人々を惹きつける価値や開発途上の資源が数多く存在しています。地域間の生き残りを賭けた競争が激しさを増す今こそ、様々な立場・視点から将来を見据えこの地域の持つ普遍的な価値を追求し最大化に努める我々が、多様な価値観が協和する持続可能なまちづくりを先導する必要があります。

 まずは、持続可能で将来に希望を抱くことができる地域社会を創造するために、地域住民がより郷土に愛着を感じられるまちづくりを推進し、時代のニーズに先んじた運動を展開します。そして、当会議所の運動をさらに大きな市民運動へと発展させていくために、内外問わず多くの市民がこの地域や人財が持つ魅力を認識・開発する場を創り、地域住民の共感を喚起します。さらに、この地域の生産人口を将来にわたり持続・振興させていくために、産学官金労医が連携して相乗効果を発揮する場を創り、雇用のマッチングを行います。また、この地域の産業を活性化させるために、企業の働き方や労働に対する価値観の変革と一人ひとりの人間力の向上を目的とした事業を行い、多様性が尊重され個々の強みが活かされる社会への歩みを進めます。そして、この地域の経済を活性化させるために、地域に存在する資源や特性を多くの市民とともに開発し、広く世界へ向けて発信します。また、この地域の独自性を高めるために、地域の資源や特性をインバウンド需要に結びつける学びを創出し、新たな経済効果を興すとともに将来における持続可能性を高めます。

 持続可能で将来に希望を抱くことができる地域社会の実現に向けニーズに先んじてこの地域が抱える課題解決に向け真摯に取り組む我々が、この地域の人財や資源・特産が持つ魅力を最大化し活かす術を共有する地域住民とともに活気溢れるつよいまちをつくります。

 

地域若者定着委員会

委員長 佐々木 大祐

 庄内地方は2011年より進学と就職希望者の割合が逆転し、他県への進学が増すと同時に就職希望者においては情報の格差に起因する他県への流出が増加傾向にあり、若者不足から企業衰退・文化継承・在住者の税負担など多くの課題が推測され将来への不安が増しています。現状の施策をさらに発展させるには長年の活動・運動で得た実績を基に地域一体となり課題解決に取組む我々が発信源となり若者に影響を与える事業展開が必要です。

 まずは、地域が抱える人口減少の課題を改善するために、地元企業・行政・各団体と協力体制を構築し、人的ネットワークにつなげます。そして、地域で経済活動を希望する若者たちの参加を促すために、広告媒体企業及び行政広報と連携することでUターン希望者へ向けて発信し、雇用のマッチング事業への参加を促します。さらに、地元企業・学生を能動的にマッチング事業へ参画・参加させるために、翌年度への人財確保と将来の進路を決定する時期に事業日を設定し、ともに可能性を高め未来を切り開く行動喚起につなげます。また、仕事を求めて他県への転出を希望する若者を減らすために、マッチング事業において地域の特性・魅力を伝える講演会を同時開催し、地域の魅力を見出し定着につなげます。さらに、マッチング事業の活動を運動へ昇華させていくために、出展した企業の就職率を数値化することで必要性を喚起し、他団体や行政の公式スケジュール化に向け提言します。また、若者の啓発活動をさらに活発化させるために、若者が企画した事業を側面支援する公開例会を開催し、自発的に企画を行い運営していける若者・団体を育成します。

 創立から52年の長きに渡り積み上げてきた運動が開花し、企業・行政・学生と連携し地域一体となって取り組むまちづくりは、若者たちに影響を与えるとともに、企業の活性化へつながり、市民・町民の一人ひとりが活気溢れる持続可能なつよいまちをつくります。

【事業計画】
1.地域一体就職説明会周知活動事業
2.地域一体就職説明会
3.9月公開例会

 

酒田・遊佐魅力発信委員会

委員長 ガンバリーニ ピエール

 北庄内地域には日本の原風景・地域文化・特産物など誇るべき財産が数多くあるにも関わらず地域の魅力を経済活動に活かしきれていないのが現状です。つよいまちをつくるためには昨今の情勢を鑑みインバウンド需要を喚起することを念頭に置きつつも、北庄内の住民が地域の魅力を資源と認識し自発的に内外へと発信していくことが重要であり、未来を担う責任世代である我々が地域資源の活用を戦略的にデザインしていく必要があります。

 まずは、地域の魅力を広く発信するために、地域住民や移住者とともに外部団体の意見を取り入れつつ情報交換を行い、今後も活用できるように北庄内の魅力を包括的に集約します。そして、北庄内の認知度を向上させるために、世界中に張り巡らされたJCIグローバルネットワークを活用し、インターネットやSNS上において継続的なプロモーションを行い、北庄内の魅力に対する訴求力を高めます。さらに、地域資源の活用を良化させるために、北庄内で国際的な活動をする企業や個人を対象に情報共有・意見交換を行う例会を実施することで参加者とともに地域の潜在的な魅力を発掘・発信し、地域内における強固な連携体制を構築します。また、地域資源の活用を戦略的にデザインしていくために、当会議所と外部団体との連携及び相互理解を深めつつ地元企業・産業の発信力を強化する事業を行い、地域経済の活性化を図ります。そして、北庄内のインバウンド需要を波及的に発展させるために、事業を通して学んだ魅力発信メソッドと外部団体との人脈を基軸とした方策をまとめ行政へ提言をし、北庄内の魅力が継続的に発信される土台を作ります。

 持続可能で将来に希望を抱くことができる地域社会の実現に向け北庄内の魅力最大化と域外発信に邁進する我々が、国際的認知度向上や地元産業・資源の発掘・発信による地域活性化を成し遂げ地域の魅力と国内外を問わない人々が共栄するつよいまちをつくります。

 【事業計画】
1.4月公開例会
2.北庄内の発信力を強化する事業