ニュージェネレーションビルダー委員会

ニュージェネレーションビルダー委員会
委員長 大壁 洋平

今の時代を担っている大人はずっと主人公であることができず、時代と地域の未来を創っていくのは無限の可能性を秘めた青少年です。私の幼少期も地域の大人から相撲の指導を受けながら武士道の精神と愛国心を育み、現在では仲間と共にひとづくりとまちづくりの活動をしています。我々が責任世代として次世代に時代を紡ぎ、不確実性の増す社会をチャンスと捉える英知と勇気と情熱を合わせもつ逞しい青少年を育成する必要があります。

まずは、まちの明るい未来を想い描き行動する人財を育成するために、志ある青少年が集い責任世代である大人たちがまちの現状とひと・地域を愛し思いやる大切さを自覚させ、問題・課題を同世代の仲間と共に考える機会を提供します。そして、自分の手でまちを創っていく意識と公益性を兼ね備えた次世代のまちづくりを担うリーダーになるために、身近な地域課題を若い視点でプロジェクトマネジメントを行い、行動力と問題解決能力を身につけさせます。さらに、若者視点のまちづくりを運動へと昇華させるために、ひとに感動と共感を与える発表で地域の青少年・大人に提言し、まちを創っていくイノベーターとなる例会を実施します。また、展望を描く力を身につけさせるために、社会で活躍する大人たちが自らの原体験を分析し青少年に伝え、人生のターニングポイントたる事業を実施します。そして、将来の夢を実現に近づけるために、明確な目標を設定し、達成するためのプロセスを学ばせます。さらに、失敗を糧とし挑戦を恐れない精神を育むために、社会で活躍する大人の経験を青少年に伝播し、次なる成功へと繋げる力を身につけさせます。

世の中に新しいニーズを創りだし独自性を持った私たちJCと自由で創造的な未来を担う志をもった青少年は、まちを愛し共に考え行動する品格のある同志となり、次世代に紡ぐ好循環が生まれ、夢と希望と愛が溢れるまちとなり、悲しみを減らし喜びを増やします。

 

事業計画

  • 酒田みらいユースプロジェクト(年間計画の作成)
  • 酒田みらいユースプロジェクト (青少年が企画した事業の実践)
  • 酒田みらいユースプロジェクト (10月公開例会:発表会、提言)
  • 夢を描き・目標達成に向かって行動する青少年育成事業